生命保険の日

1月31日は生命保険の日。

1881(明治14)年に日本初の生命保険会社が設立、翌年のこの日、生命保険の保険金が初めて支払われた。心臓病で急死した神奈川県警部長で、当人が払った保険料は30円、遺族に支払われた保険金は1000円。

なんだとか。

今は生命保険は税金のようなもの。

お金がなければやめればいいのですが、なかなかそうも行かないんですよね。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする