禁酒の日

1月16日は禁酒の日。

 

1920(大正9)年、アメリカで禁酒法が実施された。ピューリタンの影響が強かったアメリカでは、アルコールに対する強い批判があり、20世紀初頭までに18の州で禁酒法が実施。これが全国に及んだもの。

なんだとか。

日本には関係ないじゃないですか。

ただ、今もそうですが、何かを禁止するとかえって悪いことになるという場合が多い。

やる人は禁止されようがどうしようがやるわけで、アルコールなんて飲みたい人はどうやっても飲むし、飲めない人は飲まないし。

飲めても欲しくない人もいるし。

こういう法律は作ってはいけないものだと思うんですが。

とはいえ、酒でひどい目にあってる人も相当いるんですね。