スポンサーリンク

うつ病は糖尿病になりやすい?

こんな話を聞きました。

うつ病は、糖尿病になりやすい。そして、糖尿病はうつ病になりやすい。

それは精神科医から聞きました。

かなりの数の人がそうなるんだと。

そんな精神科医が勧めていた情報商材がこれです。

▼販売ページはここをクリック▼
【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

実は、自分もうつ病になったことがあります。上司にいじめられて。しかし今考えれば、食生活もおかしかった。

一人暮らしで外食だし、お菓子は食べ放題だし。

それで、抗うつ薬なんかも飲んでましたが、そんなもの効果はありませんでした。睡眠薬も飲んでましたが、昼間も眠たかったりしてろくなことはありませんでした。

最終的には、会社をやめたら治りましたが。

それで、精神科医が紹介していた情報商材によると、「糖質制限」というのが重要らしいです。糖尿病だから糖分減らせと。

うつ病も、もしかすると原因は同じところにあるのかもしれないですね~。何しろ砂糖は中毒になりますよね。女性のスイーツの食べ方見てたら、お砂糖に満腹中枢を破壊されているとしか思えないし。

うつ病と糖尿病が併発する確率がそんなに高いというのなら、なにか関連性があるんでしょう、多分。

そして怖いのは、うつ病は死にたくなるし、糖尿病は、網膜剥離で失明、脳梗塞で認知症、足の血管が詰まれば足を切断と、ろくなことにはなりません。

だから、その糖質制限の方法が書かれている情報がこれ。

▼ここをクリック▼
【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

たぶん、本気で糖尿病を改善しようと考えている人なら知っていることなんだと思います。「糖質制限」をしましょう、という内容は。

ただ、私はよく知らなかったので、これ見て、「ああ、なるほど」と思いました。そして、今までの食事が間違っていたのではないかと考え込んでしまいました。

内海聡さんなんかが、医者は患者を殺さずに薬漬けにして金儲けをする、ということを言っていますが、糖尿病もまさにそんな気がします。

血糖値が高いと言ってインシュリンを打たせる。永久に打たせる。それでうつ病になれば抗うつ薬とかを飲ませる。そのうち手放せなくなる。

怖いです。

それで、糖尿病は食事療法を言われますが、カロリー制限なんかやっても、糖質とか、炭水化物とか食物繊維とか、そういうものを減らすべきなんだとか。

言われてみればその通りで、何しろ、血糖値が上がる病気なんですから、どう考えてもまずは糖を減らさないといけないわけですよね。

しかし、通常、病院の食事はそういうのではないように思います。

では、具体的にどうすればいいのか、というのはこの商材のテキストに書かれていますし、DVDもあります。あと、同じ病気の人のQ&Aがあったり、実践する上で相談できるシステムがあったりするのがよさそうです。

これ、医学の一般的な常識からは外れたような事をするわけですから、本当にこれで大丈夫なのかという疑問がものすごく湧くと思うんです。

そういうときに、先輩がいれば、かなり勇気が出ると思うんですけど、そういうのを確認することが出来るし、情報商材なので、通常の書店で本を買うのと違って、売りっぱなし、ではなくてその後のフォローもしてくれているというのがいいと思います。

こういう治療って、モチベーションが高いうちは続くんですが、効果が出ないとやめてしまったり、効果が出てもいつのまにかやめてしまったりと、残念な人が多いんです。

よほど自分の意志が強くないと続かないということ。

だから、こういう治療を継続しやすい環境もセットになっている情報商材が必要なんだろうなと。

▼ここをクリック▼
【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

もしも、糖尿病が悪化したら、自分が辛いのはもちろん、お金もかかるし、家族にも迷惑をかけます。

逆に、糖質制限をマスターしたおかげで、糖尿病以外の病気も治ったという例もあるようです。情報商材ですから値段は高いと感じるかも知れませんが、トータルで見ると安いはず。

販売ページだけでもかなり色々書かれていますから、チェックしてみてはいかがでしょうか。

▼ここをクリック▼
【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

もちろん個人差はありますから、効果がある人もいる、ということではありますが、精神科医がいいと言っていたのは本当です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする