スポンサーリンク

愛と希望と勇気の日

1月14日は愛と希望と勇気の日。

1959(昭和34)年のこの日、南極観測船「宗谷」が昭和基地に着き、前年に置き去りにした15頭のカラフト犬のうち、タロとジロが生きていたのを発見。生きることへの希望と愛することを忘れないために制定。

なんだとか。

南極物語とか、かなりヒットしたと思いますが。

でも、この話を聞いていつも思うのは。

タロとジロはどうやって生きていたんだろう?

これですよ、これ。

何食ってたんだって話です。

ペンギンでも食ってたのかな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする