スポンサーリンク

断糖でガンは改善されるのか?

がん、今や日本の国民病と言われますが。

色んな治療が出てきますがだいたい西洋医学では治らないもののようです。

むしろ、治療するほど身体がおかしくなるという・・・

もちろん、その御蔭で延命している人もいますし、命の危険を感じたからこそ命のありがたさが分かって生きている意味を考えるようになったという人もいます。

しかし、ガンに対してそんな風に思える人は稀ですし、金銭的余裕がなければ満足な治療も受けられないでしょう。

仕事をやめてでもガンと向き合うとか、普通の人には無理じゃないでしょうか。

そんな中、断糖でガンが改善されるという記事をネットで見ました。

そして、そのやり方が記載されている情報商材も販売されているんだそうです。

それがこちら。

▼ここをクリック▼
【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

今のところ自分はガンにはなっていませんが、いざという時のために知っておくのはとても良いことだと思います。

自分の身近な人に教えてあげることも出来るし。

一応、断糖食はガンだけではなく、糖尿病や高血圧にも効果があると言われています。

糖尿病に断糖食というのは分かりやすいですが、ガンはどうなのか?

改善されたという実例も多数出てきますが、こういうのは個人差がありますから、じゃあ自分の番になったときにも同じように改善されるのかということになるとなんとも言えません。

ただ、抗がん剤や放射線治療、手術をやった人を見てると、恐いんですよね。

もしかするとガンが進行するよりももっと恐いような気がします。

正直に言えば、あんなことをやって本当に寿命が延びてるんだろうか、寿命が延びる意味があるんだろうか、と思ってしまいます。

そういう風に生きなければいけないのかと。

そして、自分の場合、同じ立場に立ったらお金もないし、同しようもないじゃないかと思うわけです。

それなら、断糖食を試したほうがマシなんじゃないか?

あんな厳しいがん治療をするくらいなら・・・

どういうわけでガンが改善されるのかというのは、この情報商材のセールスページに詳しく書かれています。

ただし、自分勝手に実施すると問題が起こるようですから、そこは正しい方法でやってほしいと思います。

実際、断糖食を試してアトピーがひどくなったというネットの記事を見ました。それは、糖分を断ったのは良いけれど、タンパク質を摂取する食事が偏っていたからアレルギーになったとか書かれてました。

結局、断糖食といっても糖質制限をするそのやり方と言うのはあるわけで、ただ単に米を食べるのをやめるとか、そういう単純な話ではありません。

それと、断糖食でがんが改善されたという記事はネットで多数拾うことが出来ますし、ブドウ糖がないとがん細胞は生きていけないから断糖食が有効だという理屈の詳細もネットには出てきますが、じゃあ個人が試す時に具体的にどうすればいいかというのは、情報の寄せ集めではなかなかうまくいかないし、危険でもあるわけです。

断糖食、色々な生活習慣病に効果があるようですから、正しく実施すれば効果が出るのではないかと思っています。

気になる人はこちらからどうぞ。

▼ここをクリック▼
【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~


知ってて損はないと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする