スポンサーリンク

低めを打つな

低めを打つなと言われたら、かえって低めを打ってしまうものだ、

と言われたべぎらま@8期です。

低めを打つな、と言われたらかえって低めを打ってしまうそうで。

人間は、○○してはいけない、
と言われた場合、○○だけが印象に残って、
「してはいけない」の部分は印象に残らないんだとか。

意識の向きがどうであるか、
という問題なのかなと思いますが。

だから、誰かに何かを頼むときは、
肯定的に頼まなければいけないらしい。

低めを打つな、ではなくて、高めを打て、
という感じで。

本来やってほしいこととズレは生じますが、
低めを打って凡打するよりはましだろうと。

これを考えると、
禁止事項を定めるというのは得策ではない気がします。

法律なんかは禁止事項で出来ているので、
肯定的にと言われても難しいと思います。

しかし、自分のあり方とか、他人との接し方なんかなら。

望ましいことを肯定的な言葉にしたほうがいいかなと。

この日記が誰かの役に立てば幸いです。

ツイてる、ツイてる。
なぜかすべてはうまくいく。なぜかすべてはうまくいく。
べぎらま@8期でした。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする