スポンサーリンク

創世記と断糖食

最近、荒木式という断糖食のお話を読んでいます。

情報商材としてシリーズで出ています。

▼ここをクリック▼
【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~

【荒木式】断糖肉食ダイエット

いずれにしても、基本的に糖分を控えましょうということのようです。

もちろん、それ以外にも色々あるのですが、もともと人間は肉を食べていたので食生活は肉や魚を中心にして、穀物や果物は避けた方がいいというのが先生の主張です。

この方法でどれだけの人が救われたのかは分かりませんし、自分自身はまだここまで追い込まれていないのでなんとも言えません。

しかし、果物が実は体に悪いというお話を読んでハッとしたことがあります。

それは、創世記の有名なアダムとイブが禁断の木の実を食べる話。

そう、果物は甘くて美味しいんですよね。

知恵の実はリンゴだと言われていますが、この果糖が砂糖以上に身体に悪いんだと。

そういわれても、一般的には野菜や果物は身体に良いと言われているし、肉とか食べたらいけないんじゃないかと思ってますから、この先生の主張は簡単には受け入れられないでしょう。

しかししかし、創世記で言われている禁断の木の実の話、もしも健康に関する真実だったとしたら・・・

人間を管理している神様からすると、この樹の実はうまいけどからだに悪いんだから食べてはいけない、ということをいいたかったのかも知れません。

もしもそうだったとしたら、我々は本当に騙されていたことになります。

美味しいですよと言った蛇の囁きはまさに悪魔の囁きで、食べたらおいしくてやみつきになるけれどそれは毒に変わるということなのかなと。

今の日本の状況で、穀物や果物をやめるのは相当勇気が必要だと思いますが、病気で困っているのなら考慮してみてもいいんじゃないでしょうか。

こちらの情報商材の販売ページを読むだけでも、自分の常識が間違っていたのではないかと考え直すきっかけになると思います。

よかったらどうぞ。
▼ここをクリック▼
【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

【荒木式】糖尿病改善プログラム~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~

【荒木式】断糖肉食ダイエット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする